TOPICS

  • 2021.11.18

週刊ファイナルファンタジー:FFXIV番外編<11月18日>

週刊ファイナルファンタジー:FFXIV番外編

12月7日発売の『ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ』。
これまで紡がれてきた星と命を巡る物語「ハイデリン・ゾディアーク編」がついに完結へ向かいます。

まだプレイしたことが無いという方も、今からでも遅くはありません!
これを機に『FFXIV』を始めて、来たる最新拡張パッケージ『暁月のフィナーレ』を楽しみませんか?

そこで、『FFXIV』序盤から主人公”光の戦士”と共に戦うことになる「暁の血盟」メンバーを紹介していきます。
魅力的なキャラクターたちと一緒に冒険してみたくなること請け合いですよ!

「暁の血盟」って?
エオルゼアの救済を掲げた秘密結社。エオルゼア諸国の領地たちと独自のパイプを持ち、影ながら助言を与えてきた。帝国軍第XIV軍団との死闘を経た後、公の組織として独立した彼らは、今なお献身的な働きを続けている。


9人目は暁の受付嬢兼金庫番、タタル!

タタル・タル

ララフェル・デューンフォーク族の女性。21歳。
ウルダハの商家に生まれ、幼い頃は豊かな暮らしをしていたが破産を経験。12歳から宝石商に丁稚奉公していたところ、採掘師時代のミンフィリアと知り合う。経理担当としてスカウトされ、人のために働いてみたいと快諾。かくして「暁」の金庫番として君臨することになった。

光の戦士との初めての出会い。特技は作詞作曲!

冒険の中では、こんな装いで登場する場面も。

後述のクルルとコンビを組んで、尋ね人探しもお手の物!


10人目は名門シャーレアン魔法大学卒の才女、クルル!

クルル・バルデシオン

ララフェル・プレーンフォーク族の女性。22歳。
賢人ガラフ・バルデシオンが運営する孤児院出身。「言葉の壁を超える力」を持つ。
養父ガラフが委員長を務める調査研究機関「バルデシオン委員会」に所属する。

クルルはアルフィノの先輩です。

彼女が所属するバルデシオン委員会では、禁断の地エウレカの調査に乗り出します。

いかがでしたか?
『ファイナルファンタジーXIV』には他にも魅力的な人物がたくさん登場します!
ゲームをプレイして、ストーリーを彩るキャラクターにぜひ会いに来てくださいね!

◆『ファイナルファンタジーポータルアプリ』のダウンロードはコチラ

App Store Google play