TOPICS

  • 2021.07.15

週刊ファイナルファンタジー<7月15日>

週刊ファイナルファンタジー:その時○○は…編

7月20日はアメリカでは「月の日」!
1969年のこの日、人類が初めて月面を歩いたことから制定されたそうですよ。

そして、『ファイナルファンタジーIV』では“月”が物語に大きく関わっていますよね。
今週の週刊FFでは、空を見上げてこの月の物語をご紹介いたします!

『FFIV』の世界には大小2つの月が存在します。そのうち、物語は小さいほうの月をメインに展開していくのですが、そこは「月の民」と呼ばれる高度な文明を持つ人々が暮らす土地でした。月の民は太古の昔、この“もうひとつの月”を作り、青き星の住民が進化して自分たちと対等に話し合えるようになる日を待ちながら眠りについています。

その他“もうひとつの月”には鼻歌が印象的なハミングウェイ族の暮らすハミングウェイの洞窟や強力な幻獣の棲み処などの特別な場所が存在します。さらにゲームボーイアドバンス版『FFIV』では追加ダンジョンも実装されていますので、『FFIV』をプレイする際にはぜひ隅々まで探索してみてくださいね!

◆『ファイナルファンタジーポータルアプリ』のダウンロードはコチラ

App Store Google play