TOPICS

  • 2020.07.09

週刊ファイナルファンタジー<7月9日>

週刊ファイナルファンタジー:その時○○は…編

7月14日は「パンデモニウム・デー」、みなさん知っていましたか?
「パンデモニウム・デー」は、決まったルーティーンをこなす日常の息苦しさから少し距離を置いて、いつもと違うことをやってみる、そんな非日常を推奨する日だそうです。
それはさておき、「パンデモニウム」という言葉はFFファンであれば聞き覚えのある言葉ですよね!今回はファイナルファンタジーシリーズに登場する「パンデモニウム」を紹介したいと思います。

パンデモニウム(FFII)

万魔殿(FF零式)

『ファイナルファンタジーII』と『ファイナルファンタジー零式』の最後のダンジョン。『FF零式』では「万魔殿」という名前ですが、英語版では「Pandæmonium」という名前に訳されています。そう、パンデモニウムなんですね。なにしろ最後のダンジョンとあって、あまり多くのことをここで語るわけにはいきません……。詳細についてはぜひ、実際にプレイして自身の目で確かめていただけたらと思います!

パンデモニウム(FFVIII)

『ファイナルファンタジーVIII』に登場する、装備もできる召喚獣、G.F.(ガーディアン・フォース)。召喚時にはフィールド上に暴風を引き起こし、強力な風の力で敵を蹴散らします。「パンデモニウム」はバラムホテルでの風神・雷神とのバトルにて、風神からドローすることでのみ入手可能なので見逃さないようにしましょう!

Pandemonium Warden (FFXI)

『ファイナルファンタジーXI』の拡張ディスク「アトルガンの秘宝」に登場する、非常に強力なHNM(ハイノートリアスモンスター)。勝つには、11の形態をすべて倒す必要があります。その難易度にも関わらず2時間という時間制限があり、熟練のパーティーでも一筋縄ではいきません。

パンデモニウム(FFXII)

『ファイナルファンタジーXII』に登場するボスモンスター。ゲーム終盤にリドルアナ大灯台で戦うことになりますが、その後リスキーモブの闇神とのバトルの際にも現れます。パンデモニウムは高い防御力を誇り、HPが残り少なくなると一定期間すべての物理・魔法攻撃が効かなくなる「絶対防御」を繰り出してきます。根気強く戦いましょう!

今回は字面が強めな週刊FFをお届けしました!「パンデモニウム・デー」にあやかり、まだプレイしたことのないFFタイトルを遊んでみてはいかがでしょうか?

FFタイトルラインナップはこちら

◆『ファイナルファンタジーポータルアプリ』のダウンロードはコチラ

App Store Google play