FINAL FANTASY VI

BGM

OFF

STORY

かつて人間と幻獣を結ぶ絆が存在していた時代、人間たちは幻獣の力を借りて戦争を引き起こした。この世のすべてを焼き尽くした「魔大戦」――その終結と同時に幻獣たちは、己の力が人間に悪用されることを恐れて幻獣界へ姿を隠し、彼らが持つ「魔導の力」は人間界から消え去った。
悪夢のような大戦から1000年、ふたたび戦禍が大地を覆う。鉄や火薬、蒸気機関によって復興をとげた世界において、世界征服をたくらむガストラ帝国の皇帝が、失われたはずの魔導の力を復活させたのだ。その力で強大な軍隊を組織した帝国は、周辺諸国をつぎつぎと滅ぼしていく。しかし、すべての者が帝国の横暴に甘んじているわけではなかった。世界を守るため、復讐のため、自分の生きる意味を探すため――多くの者がそれぞれの思いを胸に反帝国組織リターナーに身を寄せ、帝国に抵抗を試みる。双方の衝突は、やがて幻獣をも巻きこみ、世界の存亡をかけた戦いへと発展していく。

CHARACTER

  • Tina ティナ

    Tina ティナ

    1000年前に失われたはずの魔導の力を、生まれながらにして備えた少女。自分が幻獣と人間の子である事実を知らぬままガストラ帝国に思考をコントロールされ、兵器のように戦わされてきた。しかし、炭坑都市ナルシェでの任務中に氷づけの幻獣と交感したのをきっかけに自由を手にし、反帝国組織リターナーに保護されることに。魔石と化した父マディンとの再会を経て己の出自を知り、幻獣と人間の架け橋になろうと奔走する。

  • Lock ロック

    Lock ロック

    古代の秘宝を手にすべく、世界各地をめぐるトレジャーハンター。かつて恋人を守りきれなかったという後悔の念から、危機に瀕している女性を見ると放っておくことができず、懸命に助けようとする。リターナーに以前から籍を置いており、炭坑都市ナルシェでティナを救出したのをきっかけに、打倒帝国の戦いへと本格的に身を投じていく。

  • Edgar エドガー

    Edgar エドガー

    さまざまな機械兵器を使いこなす、機械文明の旗手と名高い若き王。無類の女好きとしても知られている。民衆の利益を第一に考えてガストラ帝国と同盟を結んでいるものの、裏ではリターナーと手を組み、帝国への反撃の機会をうかがっていた。魔導士ケフカが城に襲撃してきたのを機に同盟を破棄し、帝国に反旗をひるがえす。

  • Mash マッシュ

    Mash マッシュ

    フィガロ王エドガーの双子の弟。10年前に、王位継承者を決めるコイントスで兄に勝ったことで自由を選び、祖国を出たあとは師匠ダンカンのもとで格闘家として技を磨いてきた。幼少期はひ弱で身体も小さかったが、長年の厳しい鍛錬を経てたくましく成長。コルツ山で再会した兄からフィガロが帝国との同盟を破棄したと聞き、憎き帝国と戦う旅に参加する。

  • Shadow シャドウ

    Shadow シャドウ

    黒装束に身を包み、冷酷な暗殺者として知られる男。若いころに相棒のビリーを見殺しにしてしまって以来、夜ごとの悪夢にうなされており、死に場所を求めて愛犬インターセプターとともに世界をまわっている。善悪の概念にはとらわれず、報酬さえ支払われるなら帝国に力を貸すこともいとわないが、魔大陸では捨て身でティナたちを救おうとした。

  • Cayenne カイエン

    Cayenne カイエン

    東方の国ドマに仕える、正々堂々とした戦いを好むサムライ。先王の時代より長らく国に忠義を尽くしており、周囲の信頼は厚い。ガストラ帝国との籠城戦で、ケフカの卑劣な策によって主君と愛する妻子を失い、怒りにまかせて単身敵陣に乗りこんだ。そのさいに出会ったマッシュと意気投合し、リターナーとの共闘を決意する。

  • Celes セリス

    Celes セリス

    ガストラ帝国にて英才教育を受けてきた軍人。幼いころ、魔導の力を人工的に植えつけられて以来、数々の武勲を打ち立てて常勝将軍の異名をとるまでになった。しかし、戦争のおろかさに気づいて皇帝に反発し、反逆者としてサウスフィガロの町の地下室に幽閉されることに。処刑の前日、帝国をかく乱すべく町へやってきたロックに助け出され、以降はリターナーと行動をともにする。

  • Setzer セッツァー

    Setzer セッツァー

    飛空艇ブラックジャック号の所有者。かつては「世界最速の男」を目指していたが、親友でありライバルでもあるダリルの死後はその夢を捨て、気ままな生活を送ってきた。オペラ座の女優マリアをさらおうとしたとき、マリアの身代わりとなったセリスから帝国との戦いに協力するよう呼びかけられ、彼女の度胸にホレこんで一行の仲間に加わる。

  • Gau ガウ

    Gau ガウ

    生まれて間もなく父親に捨てられ、魔物が棲息する獣ヶ原で育った少年。人間のいない環境で成長したため、言葉を話すのはあまり得意ではなく、身振り手振りで自分の気持ちを表現しようとする。獣ヶ原を通りかかったマッシュとカイエンから好物の干し肉をもらい、お礼をしようと彼らについていく。

  • Stragus ストラゴス

    Stragus ストラゴス

    サマサの村で孫娘のリルムと暮らす老人。1000年前の魔大戦で活躍した魔導士の血を受け継いでおり、生まれながらにして魔導の力を持つ。火事に巻きこまれたリルムを助けてくれたティナたちに恩を返すべく、彼らに同行。幻獣を魔石化してその力を奪った帝国を危険視し、ティナたちとともに帝国に立ち向かう。

  • Relm リルム

    Relm リルム

    幼いころストラゴスに引き取られ、彼を祖父と慕う少女。10歳という幼さながら、絵筆を手にすれば大人顔負けの画力を発揮し、さらに魔物の姿絵を実体化させる能力を持つ。言葉づかいが乱暴で、ストラゴスにも容赦なく暴言を浴びせるが、実際は彼への愛情は深い。ストラゴスやティナたちが幻獣探しの旅に出たさいは、ひとりでこっそり一行のあとを追いかけ、なかば強引にティナたちの仲間に加わった。

  • Mog モグ

    Mog モグ

    炭坑都市ナルシェで人目を避けて生活するモーグリの長。元来は平和を愛するおとなしい性格だが、ナルシェの警備兵に追われているティナとロックを偶然目撃し、一族をあげてふたりの手助けをする。その後、幻獣ラムウの教えを受けて人間の言葉を話せるようになり、ラムウのお告げに従ってティナたちとともに帝国と戦うことを決意した。

  • Gogo ゴゴ

    Gogo ゴゴ

    奇妙な服をまとった、謎めいたものまね士。素性はおろか年齢や性別も、そもそも人間であるのかさえも明らかではない。偶然出会ったセリスたちの目的が世界を救うことだと知り、自分もそのものまねをしてみようと言って勝手に一行に加わる。

  • Umaro ウーマロ

    Umaro ウーマロ

    炭坑都市ナルシェの北に位置する洞窟の奥で、ひっそりと暮らしている雪男。乱暴なところもあるが、モグを親分と見なしており、そのモグに命じられるままに、ケフカと戦うセリスたちの仲間に加わる。

  • Cefca ケフカ

    Cefca ケフカ

    ガストラ皇帝の腹心にあたる魔導士。人工的に魔導の力を注入された影響で精神の均衡を失っており、女性や子どもも見さかいなく殺害する残虐さから、同じ帝国の兵士たちにも嫌悪されていた。魔導の創造主である三闘神の力で世界を崩壊させ、焦土と化した大地に“神”として君臨する。

MOVIE

発売タイトル

1994.04.02

ファイナルファンタジーVI

SFC

1999.03.11

ファイナルファンタジーVI

PS

2006.11.30

ファイナルファンタジーVIアドバンス

GBA

2011.03.15

ファイナルファンタジーVI

Wii

バーチャルコンソール

2011.04.20

ファイナルファンタジーVI

PS3

ゲームアーカイブス

2011.04.20

ファイナルファンタジーVI

PSP

ゲームアーカイブス

2013.06.26

ファイナルファンタジーVI

WiiU

バーチャルコンソール

2014.01.16

ファイナルファンタジーVI

Android

SQUARE ENIX MARKETへ
2014.02.06

ファイナルファンタジーVI

iOS

APPストアへ
2014.12.09

ファイナルファンタジーVI

Kindle

2015.12.22

ファイナルファンタジーVIアドバンス

WiiU

バーチャルコンソール

2017.08.23

ファイナルファンタジーVI

3DS

バーチャルコンソール

もっと見る

LOGO & IMAGE ILLUSTRATION:©1994 YOSHITAKA AMANO

Text by スタジオベントスタッフ